即日融資が利用しやすいキャッシングの選び方

キャッシングの即日融資というサービスをご存知でしょうか。 これはキャッシングに申し込んだその日のうちに審査や契約の手続きが一通り完了し、お金の受け取りまでできるというものです。 キャッシングのサービスによって即日融資が利用しやすい場合とそうでない場合がありますので選び方を知っておくといざというときに役に立ちます。

即日融資が人気の理由

即日融資が人気の理由は、急な事情で急いでお金を借りる必要があるときに便利だからです。お金が必要になることが何ヶ月も前からわかっているならば、給料日まで待つこともできますし、節約をして対応できます。キャッシングを利用したい状況というのは、急にお金が必要になったときであることも多いため、申し込みをしたその日のうちに借り入れができるというスピード融資のサービスに人気があります。

即日審査と即日融資は別もの

即日融資の利用手続きでまず注意が必要なこととして、審査がその日のうちに完了することと、実際にお金を借りる手続きがその日のうちにできるかどうかは別ものだということがあります。

キャッシングのサービスの中には最短で当日中に審査結果回答などとアピールされているものがありますが、仮に審査に合格したことが当日中にわかってもその日のうちにお金を借りれるとは限らないことに注意しましょう。

即日融資の手続き方法

即日融資の方法
審査の結果がその日のうちに出て、即日融資を受ける続き方法としては主に2種類があります。

昔からよく使われている方法は、街中に設置されている自動契約機を使ってATMから借り入れするためのカードをその日のうちに発行するという方法です。もう一つは銀行の預金口座に振り込みで融資してもらうという方法です。店舗窓口で現金を手渡しという方法はほとんどありませんので即日融資は主にこの2種類のどちらか利用することが多いです。

即日融資が利用しやすいキャッシングとは?

即日融資が利用しやすいキャッシングは、自動契約機でのカード発行も対応しており、なおかつ銀行振込による即日融資も可能なサービスです。銀行振込による即日融資は金融機関の営業時間外は利用することができず、お金の受け取りが翌営業日となってしまいますので、自動契約機が利用できれば金融機関営業時間外土日でも即日融資が利用できるためです。銀行振込が利用できる時間帯なら利便性の高い振込融資を利用して、時間外なら自動契約機に行くという2つの方法を状況に応じて使い分けることができるのがメリットです。

Continue Reading

すぐに申し込める!めんどうな収入証明書不要のカードローン

すぐに申し込むことが可能

賃金の過剰な貸し借りを防止する賃金法改定により、カードローンの申込時には年収を証明するための「収入証明書」の差出しがオブリゲーション化されました。よって、オブリゲーション配属先や政所に行き証明書を発行する須要が出ているのが実態です。

しかし、借入リクエスト金額が僅かな額の場合は、収入証明書がいらなくなる場合もあります。

  • 1社あたりの利用上限額が50万円以下のケース
  • 他社からの借入トータル額が100万円以下のケース

また、銀行カードローンのケースに限定して、収入証明の差出しオブリゲーションがなく、最高利用上限額300万円までのアドバンスであっても、証明書が無用の金融業もあります。

あなたのごリクエスト金額に合わせて選定することを推奨します。

すぐに申し込みが可能な収入証明書無用のカードローン

オリックス銀行カードローン

orp

上限額300万円まで、収入証明書が無用です。先例のない値段の高い設定ですので、これでスピード決定する人も多いのではないでしょうか。所持することにより、ここ一番って時にとても役立つカードローンです。ネットでコントラクト終了できて、入店・口座設定も無用です。

実質年率→3.0%~17.8%
審査時間→最速即日
融資スピード→契約後は最速即日
借入上限額→最速800万円
パート・アルバイト/主婦※→貸付け可能/貸付け可能
収入証明書→上限額300万円まで無用

新生銀行カードローン レイク

ijdi

新生銀行カードローン レイクは、初回の契約ならば、2種から選定できる無利息サービス(5万円まで180日または30日)というものがあります。上手に使えばお得に借りることができます。画面に審査結果がただちに表示されスピーディーです。

実質年率→4.5%~18.0%
審査時間→申込み完了画面に表示
融資スピード→平日14時までに手続完了で即日可能
借入上限額→1~500万円
パート・アルバイト/専業主婦 →安定した収入があれば可
収入証明書→上限額100万まで無用

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)

odoi

最速40分でカード発行できます。総量規制対象外のカードローンなので年収1/3以上の借り金もただちに用意できます。土日祝も当日借りることができ慌てている人に最良です。

実質年率→1.8%~14.6%
審査時間→最速30分
融資スピード→カード発行最短40分でご融資
借入上限額→500万円まで
パート・アルバイト→貸付け可能
収入証明書→上限額200万円まで不要

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

ndo

審査回答最速30分とプロミスは敏速です。待機時間はどうしても心が安定せずイラつくので、ポイント高いです。また無利息サービスもあり、初回の人にも多く選定されています。一定レベルの利益があれば、パート・アルバイトも可。

実質年率→4.5%~17.8%
審査時間→最速30分
融資スピード→最速1時間貸付け
借入上限額→1~500万円
パート・アルバイト/専業主婦→貸付け可能/貸付け不可
収入証明書→上限額50万まで無用

アコム

osjhs

審査回答が最速30分で、即日借りれるアコム。テレビのコマーシャルなどでとても有名ですが、サービス面からも多くの人々から大人気です。借入可能かどうかの見越しが、たった3秒で把握可能な<お試し診断>もあります。パート・アルバイトの主婦さんも安定収入さえあればすぐに借金できますよ。

実質年率→3.0%~18.0%
審査時間→最速30分
融資スピード→最速30分
借入上限額→800万円
パート・アルバイト/専業主婦→貸付け可能/貸付け不可
収入証明書→貸付け可能/貸付け不可

みずほ銀行カードローン

psjpisj

みずほ銀行カードローンは、利息の低さが何より重要です。最速即日貸付けも可能になり、より軽便な銀行カードローンです。来店無用・郵送無用・ネット締括申込みと、利用スタートまで円滑な工程で活用できます。

実質年率→ 3.0%※~7.0%(エグゼクティブプランの場合)
審査時間→最速即日
貸付けスピード→最速即日
借入上限額→最大1000万円
パート・アルバイト/専業主婦→貸付け可能/貸付け可能
収入証明書→上限額200万円まで無用

実質年率3.5%※~14.0%(コンフォートプランのケーズ)なお、プランは審査結果により変動します。住宅ローンのご活用で、どちらも利息が年0.5%下がります。 ※エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は減額適用後の利息です。

Continue Reading

即日融資でお金を借りるためのコツとは?

突然の出費でお金が足りない、急に予定が入ってお金が必要ということも時にはあるものですよね。そんな時にあなたならどうするでしょうか?

至急お金を作る方法には、短期アルバイトでお金を稼いだり手持ちの物を売る方法があります。それでも今すぐ必要なお金を作るなら即日融資でお金を借りる方が手っ取り早いと言えるのです。

即日融資でお金が借りれる金融機関には銀行や消費者金融・クレジットカードのキャッシングがありますが、ココではその内最も便利なのはどのキャッシングであるかについて紹介していきます。

即日融資でお金を借りるためのコツとは?

借りるイメージ

銀行や消費者金融ではカードローンという商品があり、利用限度額の範囲内で何度でも借入れや返済ができる自由度の高い金融商品となっています。

またクレジットカードのキャッシングは予めクレジットカードの申込み時にキャッシング枠を設定していれば利用限度額の範囲内で自由に利用できるシステムとなっているのです。

それでも銀行で即日融資を受けるにはその銀行の普通預金口座を持っていることが必要である場合が非常に多く、またクレジットカードのキャッシングについても前もってカードが発行されている必要がありますね。

それと比較して消費者金融の方は初めて申込みする場合でも最短30分で審査が完了し、最速で1時間融資も可能になっているのです。そのため即日融資が希望ということならばスピード重視で消費者金融でお金を借りる方が便利でありオススメと言えるでしょう。

このように便利な即日融資も可能なキャッシングが利用できる消費者金融はテレビCMでもお馴染みの大手であり、プロミス・アコム・モビット・アイフルなどがそれに当て嵌まります。

14時以降でもその場で借りれる大手のキャッシングサービス

14h

大手のキャッシングサービスならば店舗に自動契約機を設置していますので、即日融資で振込みキャッシングを利用できる14時という時間を過ぎてしまった場合でも、自動契約機に行きその場でカードを発行してもらえばその後はATMからでも当日中にキャッシングすることが可能になるのです。

ただし銀行のカードローンでもレイクや三菱東京UFJ銀行のカードローンならば自動契約機が用意されているため、即日融資でキャッシングできる可能性はありますが、消費者金融よりも厳しい審査内容となっているため少々敷居が高いと言えます。

そのためどうしても今日中にお金の用意が必要ならば、迷わず大手の消費者金融から即日融資でお金を借りる方が便利と言えるかも知れませんね。

Continue Reading

まずは総量規制対象外について理解しよう

キャッシングをしようとネットなどでいろいろ調べていると「総量規制対象外」というワードを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

このワードはキャッシング時によく使われるワードですが、どういった意味をもつ言葉なのでしょうか。

総量規制とは

総量規制とは、貸金業法で定められた規制のことで、個人が借入時に年収の1/3以上借りることができないようにした法律です。

総量規制の説明図

また、仮に消費者金融で50万以上の金額を借り入れようとした場合は、必ず所得証明書の提出が必要となります。2000年代にキャッシング会社の過度な貸付と高金利により返済できない人が続出し、自殺者も出てくるなどの、1つの社会問題にもなり2010年に改正された法律を指します。貸金業法は消費者金融の会社に適応する法律です。

そのため、菓子銀業法が適応されない金融業者からの借り入れは、総量規制対象外となります。例えば、銀行からキャッシングすると、銀行は銀行業法が適応されるため、総量規制対象外となります。総量規制の対象外となり金融機関としては、銀行、信用金庫、農協、郵便局などがあげられます。キャッシングで総量規制対象外になるカードローンとは、主に銀行系のカードローンを指すことが多いです。

銀行の写真

銀行系のカードローンは、総量規制対象外のために年収の1/3を超えていても、その銀行が行う審査に通ることができればお金を借りることは可能です。

また銀行系のカードローンは、消費者金融と比べて金利も低く設定されている場合が多いことも特徴の一つです。しかし、審査については消費者金融よりも厳しい審査基準を各会社は設定しているため、借りることができる人は消費者金融と比べて少ないという現実も理解しておく必要があるでしょう。

その理由として、消費者金融は「お金を借りたい人に対してできるだけ貸す努力をする」のですが、銀行などは「借りてほしい人に借りてもらう」という企業論理が異なることも、その一つとしてあげられます。

また消費者金融は即日融資が可能な会社も数多く、審査時間が短いこと売りにしている企業も多いのですが、銀行系カードローンの場合は、申し込み時の提出書類が消費者金融と比較すると多かったり、審査に時間がかかったり、銀行の口座を開設する必要などがあったりと借りるまでの手間と時間がかかる場合が多いことにも注意が必要です。

Continue Reading