収入の無い専業主婦でもカードローンから借入するには

カードローンの審査ではお申込者に安定した収入があるかどうかを重視しています。

shoi

それは収入が不安定だと継続的な返済が困難になりやすく、滞納されるリスクが高いからです。そのためアルバイトやパートでも安定した収入があればご利用できると言うカードローンが多くなっています。

配偶者貸付と言う制度

しかし収入の無い専業主婦ではカードローンにお申し込みしても審査に受からない事がありました。

消費者金融会社や信販会社など貸金業者のカードローンは総量規制の対象です。総量規制では貸金業者からの借入総額は年収3分の1を超えられないと定めています。

収入の無い方は総量規制のために借入できないですが、この総量規制には配偶者貸付と言う制度があります。この配偶者貸付は配偶者と2人分併せて年収の3分の1までなら借入できると言う制度です。

ijsij

例えば専業主婦で収入がゼロでも配偶者に年収300万円あれば、300万円の3分の1である100万円まで借入できると言う事です。しかし配偶者貸付では配偶者の同意や、夫婦関係証明書類が必要なため大手消費者金融では専業主婦には貸付を行っていないのが現状です。

中堅の消費者金融では配偶者貸付にて専業主婦にも貸付している場合があります。

 

総量規制対象外の銀行カードローン

銀行カードローンは総量規制対象外となっています。総量規制は貸金業者が対象であり銀行は対象外なのです。

そのため配偶者に安定した収入があれば、収入の無い専業主婦でもご利用できる銀行カードローンがたくさんあります。

配偶者の同意も夫婦関係証明書類も不要、専業主婦本人の運転免許証またはパスポートなどの本人確認書類のみでお申し込みができます。

ご利用限度額と収入証明書類の提出は

専業主婦の場合は最高30万円から50万円ほどのご利用限度額となる銀行カードローンが多くなっています。

配偶者が高年収を得ていてもご利用限度額はそれ程高くはならないです。

しかし30万円50万円ほどのご利用限度額があればその範囲で繰り返し借入できますのでそれ程問題にはならないです。200万円300万円など高額なご利用限度額を希望しなければ収入証明書類の提出不要となる銀行カードローンが多いです。

限度額
みずほ銀行カードローン 30万
東京三菱UFJバンクイック 30万
楽天銀行カードローン 50万
イオン銀行カードローン 50万

専業主婦は外で働いていないため、収入証明書類の準備はできませんが最高でも30万円50万円と低めのご利用限度額なので提出不要です。配偶者の収入証明書類の提出も求められないです。

配偶者に内緒で借入ができますが、後日カードが自宅に届きますので注意が必要です。

Continue Reading