まずは総量規制対象外について理解しよう

キャッシングをしようとネットなどでいろいろ調べていると「総量規制対象外」というワードを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

このワードはキャッシング時によく使われるワードですが、どういった意味をもつ言葉なのでしょうか。

総量規制とは

総量規制とは、貸金業法で定められた規制のことで、個人が借入時に年収の1/3以上借りることができないようにした法律です。

総量規制の説明図

また、仮に消費者金融で50万以上の金額を借り入れようとした場合は、必ず所得証明書の提出が必要となります。2000年代にキャッシング会社の過度な貸付と高金利により返済できない人が続出し、自殺者も出てくるなどの、1つの社会問題にもなり2010年に改正された法律を指します。貸金業法は消費者金融の会社に適応する法律です。

そのため、菓子銀業法が適応されない金融業者からの借り入れは、総量規制対象外となります。例えば、銀行からキャッシングすると、銀行は銀行業法が適応されるため、総量規制対象外となります。総量規制の対象外となり金融機関としては、銀行、信用金庫、農協、郵便局などがあげられます。キャッシングで総量規制対象外になるカードローンとは、主に銀行系のカードローンを指すことが多いです。

銀行の写真

銀行系のカードローンは、総量規制対象外のために年収の1/3を超えていても、その銀行が行う審査に通ることができればお金を借りることは可能です。

また銀行系のカードローンは、消費者金融と比べて金利も低く設定されている場合が多いことも特徴の一つです。しかし、審査については消費者金融よりも厳しい審査基準を各会社は設定しているため、借りることができる人は消費者金融と比べて少ないという現実も理解しておく必要があるでしょう。

その理由として、消費者金融は「お金を借りたい人に対してできるだけ貸す努力をする」のですが、銀行などは「借りてほしい人に借りてもらう」という企業論理が異なることも、その一つとしてあげられます。

また消費者金融は即日融資が可能な会社も数多く、審査時間が短いこと売りにしている企業も多いのですが、銀行系カードローンの場合は、申し込み時の提出書類が消費者金融と比較すると多かったり、審査に時間がかかったり、銀行の口座を開設する必要などがあったりと借りるまでの手間と時間がかかる場合が多いことにも注意が必要です。

You may also like